アラキドン酸サプリのススメ

オメガ脂肪酸の一種で必須脂肪酸として知られているアラキドン酸という成分は人間が生きていく上で欠かすことのできない成分だということが近年の研究でわかっています。体に良い成分、体のための食べ物と言えば野菜を思い浮かべる人も多いでしょう。実際野菜にはあらゆる栄養素が含まれていますし、美容や病気予防にも効果的で以下の体作りに欠かすことはできません。しかし、野菜からアラキドン酸を取ることは難しいです。

 

リノール酸やα-リノレン酸を原料として体内で生成されるアラキドン酸は、人間の体では多くは生成できません。ですが、食べ物で補おうとしても植物にはほとんどアラキドン酸が含まれていないのです。アラキドン酸が含まれている食品で有名なのは、レバー等です。これらのアラキドン酸食品とも言える食材は、毎日の食事の中で自然と食卓に並んでいるものばかりですよね。ならば、アラキドン酸を意識しなくても良いのではないか、そうなりそうなものですが結果としてそうではないのです。というのも、私たち人間は年齢を重ねるごとに肉体が老化して、体の機能が衰えます。食事も今までと同じものを食べていても、以前と同じだけの栄養を体内に取り入れることができなくなってしまうのです。

 

しっかりと栄養を吸収することができなくなり、体の衰えが進んでしまい、脳の衰えも進みます。人の名前を思い出すことが難しくなってしまったり、昨日の晩ご飯をすっかり忘れたり、簡単な計算ができなくなったり、老人特有の物忘れはこのように始まります。この程度ならばまだそれ程生活に影響を与えることもありませんが、脳の衰えが進行すれば深刻な認知症という状況が待ち受けています。日本では、4人に1人が高齢者だと言われる時代で、さらに高齢化が進み超高齢化社会でやってくると言われています。  

 

だからこそ私たちはアラキドン酸に注目しなければならず、第2の青春第3の青春を楽しむためにも、脳機能の健康を維持しなければならないのです。実際アラキドン酸は、アルツハイマー等の改善にも効果があると認められている成分です。年齢とともに考え方がネガティブになる傾向が強くなりますが、アラキドン酸でホルモンに影響を与えればイライラがなくなりネガティブ思考が改善され、精神の落ち着きを取り戻すことができます。アラキドン酸は神経細胞の活性化を担ってくれるので、年をとったと感じるようなことが増えてきたならば、物忘れが気になるようになってきたならば、記憶力や神経機能に有用性のあるアラキドン酸を摂取することを心がけましょう。

 

予防することで、未然に防ぐことができます。或いは、進行を遅らせることができます。食事での栄養吸収が低下してしまう年齢に差しかかったならば、食品成分にアラキドン酸が含まれているものだけではなくアラキドン酸サプリメントでアラキドン酸補給をしましょう。

 

アラキドン酸は母乳にも含まれており、赤ちゃんの発育に欠かせないものとして日本では厚生労働省からの認可も受けています。そんなアラキドン酸は赤ちゃんの粉ミルクの油脂成分をアラキドン酸高含有油脂を使って生成し、アラキドン酸配合の粉ミルクが主流となっていたり、乳児の離乳食もアラキドン酸添加のものがあるくらい安全性も確立されています。アラキドン酸は子供の機能自閉症への効果が認められていたり、学習能力への効果が認められています。認知症になってしまう可能性を低くする為にも、普段の生活の中でサプリメントでアラキドン酸を摂取しましょう。サプリメントはアラキドン酸含有量がしっかりとあるので、それを飲むだけで十分な成分を摂取できます。
(参考商品情報:サントリーのオメガエイドというアラキドン酸配合サプリメント商品にはオメガ脂肪酸である【n-6系脂肪酸「ARA(アラキドン酸)」n-3系脂肪酸「DHA」「EPA」】がたっぷり含まれています。アラキドン酸健康食品をうまく使ってアラキドン酸を上手に摂取しましょう。)

 

高不飽和脂肪酸成分アラキドン酸効果

アラキドン酸は発達障害の一種であるコミュニケーション障害の子供に投与して、症状を改善させたという研究データがある程脳に有効性のある成分です。また、統合失調症などの精神疾患に対する改善効果もある可能性があるという研究も発表されています。

 

そんなアラキドン酸は脳の発達だけではなく、筋肉トレーニングにも重要な役割を担います。アラキドン酸は私たちの筋肉の細胞膜に存在します。細胞膜にあるアラキドン酸は、リン脂質と結合してアラキドン酸カスケードに変化します。筋肉トレーニングをすると、筋肉が炎症を起こしてたんぱく質を多く生成して筋肉増強をしますよね。このアラキドン酸カスケードが炎症を起こす為に必要なプロスタグランジンという物質を作るんです。炎症が起きるときに細胞膜にいるアラキドン酸やアラキドン酸カスケードはは分解されます。分解されると筋肉の細胞膜に戻ることがないので、いくら筋トレをしても炎症を起こすことはあまりありません。炎症が起きない筋肉はなかなか発達しませんので、アラキドン酸は筋肉トレーニングにも重要な成分だということがわかります。

 

上記にも記しましたが、アラキドン酸にはアルツハイマー性認知症などを改善・予防する効果があります。積極的に摂取することで効果を発揮するので、認知症になる危険性を少しでも減らしたいならアラキドン酸のアラキドン酸認知症改善効果をうまく利用しましょう。

 

アラキドン酸は免疫機能を攻撃する炎症の手助けをする為、アレルギーを促進させるといわれる場合もあります。ですが、それはあくまで必要以上のアラキドン酸を摂取している場合です。カラダを構成する為にアラキドン酸は必要なものですし、なくてはならないものです。アラキドン酸アレルギーなどと蔑まれることもありますが、用法や容量を守っていればむしろカラダに良いことしか起きません。アラキドン酸欠乏は認知機能の低下につながったりもしますので、過剰なアラキドン酸入りのものに対する拒否を示すことはしないでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

*アラキドン酸は赤ちゃんの発達や高齢者の認知症や脳の活性化に効果的な成分です。加齢と共に吸収量が減ってしまうアラキドン酸ですが、過剰摂取をしてしまうと「癌」や「動脈硬化」、「高血圧」等を引き起こす危険性があることもわかっています。うまく使えば良薬なのですが摂り方を間違えると毒になりかねません。アラキドン酸摂取量には十分注意しましょう。また、長期摂取は運動機能低下の恐れもあります。
アラキドン酸サプリ完全ガイド